エクステリア工房が目指すもの 安心・アイデア・低価格

安くていい物無い?としばしば聞かれます。いい物を出来るだけ安くでしたらありますよとお答えしています。
いい物はやっぱりもともとの定価が高いので仕方が無いと思います。いい物はいいのですから。

エクステリア工事の流れは一般的にハウスメーカーやリフォーム会社に相談しても下請けの専門業者に流れます。
そしてそこの営業担当者が来て、要望を聞き設計が行なわれます。このように表に出てこないケースも多々ありますが・・・。
そして無事契約となると設計図通りの施工が行なわれます。


消費者の側から見た場合の不満としては
金額が高い。契約したら営業がこなくなった。設計変更がしづらい。


営業の側から見た場合
上からマージンを取られるので高くなって仕方が無い。
次の契約を取らないといけないので時間が無い。
現場のほうで勝手に設計変更されると請負金額が変わってしまう。


現場作業担当の側から見た場合
こうしたらもっといいと思っても予算が無さそうなので出来ない。
お客さんの要望が営業担当者から確実に伝わってこない。
お客さんにこうして欲しいと言われても現場サイドでは対応できない。


大体このような事がそれぞれに不満となるケースが多いようです。
では、どのようにしたらいいのでしょうか。

施工業者にとっては、お客さん直接に仕事を戴くこと。そして、現場作業担当者に直接の権限を渡すこと。
その為にはまず、お客さんに自分達の仕事を知ってもらわなければなりません。
電話帳記載などやHPなどがこれにあたります。
現場作業担当者は経験もあり知識も豊富にあります。
しかし、一般的にエクステリア商材がいくら位で仕入れ、出しているのか等は詳しくありません。
ということは、こういった金銭的な部分をもっと把握すれば営業兼任も可能ではないでしょうか。
そして何よりもセンスを磨くこと、これが重要。

消費者にとっては、施工業者に直接頼むこと。そして、安心して頼める現場担当者がくること。
直接依頼することで無駄な経費が抑えられます。
営業がいつも現場にいるので安心。要望も随時伝える事で、仕上がりも思い通りのものに。


低価格競争をするつもりはありません。市場相場を下げるつもりもありません。
無駄な経費は削減しますが、利益はこれからも確保するつもりです。
いい仕事をするのにはゆとりが必要なのです。
これが我々の考える安心・アイデア・低価格です。